ビーツ

初めて見る。

蕪のようで、切ると中が真っ赤。液も真っ赤!驚く。

ロシア料理には欠かせない食材だとか。

原産地は地中海沿岸地方。日本へは18世紀に伝わったそう、、、

見た目は赤かぶのようですが

蕪でもなく、大根でもなく、ほうれん草と同じヒユ科で

お砂糖を取るサトウダイコンの仲間だとか。

火焔菜とも呼ばれほんのりとした甘みを持ち、鮮やかな赤色。

日本では、なじみのない食材ですが

欧米諸国をはじめ、多くの国で食べられているとか。。。

初めて見て、初めて食べる食材に抵抗あり、、、、

煮込み料理がよく、ボルシチ煮込みに、、、DSCN6648

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中